SPECIAL

  • ¥ 1,500
  • SOLD OUT
  • フローラル、洋梨、ラズベリーの風味。 シルクを思わせる繊細な質感と甘く上品な後味。 【中煎り】 生産国名:コスタリカ共和国 地域:セントラルバリー エレディア サン・イシードロ サン・フランシスコ オーナー:ファン・ラモン・アルバラード マイクロミル:ブルマス・デル・スルキ 農園名:エル・セントロ 標高:1,450~1,600m 品種:ゲイシャ 生産処理:レッドハニー / アフリカンベッドでの乾燥 収穫時期:12月~2月 農園面積:25ヘクタール(内コーヒー栽培面積:22ha) 現在、コスタリカには200以上のマイクロミルがありますが、2001年にファン・ラモンさんによって設立されたブルマスマイクロミルは、当時コスタリカでニ番目にできたマイクロミルでした。日本にも何度もいらして頂いているファン・ラモンさんは、農学博士でもあり、現在コスタリカのマイクロミルでは、大変ポピュラーな生産処理方法である、「ハニープロセス」を確立し、普及させた方でもあります。 「自身で栽培したコーヒーチェリーをメガミル(巨大生産処理場)に納め、それらが他のチェリーと混ぜられ、“コスタリカコーヒー”として売られるのではなく自分たちの手で生産処理をし、一貫した管理のもと高品質なコーヒーを自分たちの名前で販売したい」という考え方の下生まれたのが「マイクロミル(小規模生産処理場)」です。このコスタリカでの「メガミルからマイクロミルへ」という流れが「マイクロミル革命(Micro Mill Revolution)」と呼ばれています。ファン・ラモンさんは、マイクロミル設立の先駆者のお一人でもあります。 また、2012年コスタリカ・カップ・オブ・エクセレンスでは、見事優勝されました。現在は自ら生産者でありながら研究を重ね、周りの生産者の方々への指導も行っています。 ※挽き具合のご指定がある場合は、以下からお選び頂き備考欄にてご指示下さい。 〖挽き具合〗 荒・細・極細 ※商品の発送、お支払いにつきましては【ABOUT】をご確認下さいませ。